がんも農場のお店

2018年5月24日木曜日

永田農法の野菜を販売していたこと。

5月24日(木)
晴れ
24.6℃/12.6℃

大学生の頃、銀座の松屋の地下食品売り場で2-3年バイトをしていた。
1坪〜2坪ほどの小さい売り場。
永田農法の野菜や果物を取り扱うお店だった。

永田農法

当時、糸井重里氏のほぼ日で永田農法が紹介されていて
興味がわき、取り寄せて食べて見たらびっくり。
こんなにもうまい野菜や果物があったのか!と。

今思い返せば当時から農業には興味があったんだなぁ。

実際に現場を見て見たいという一心でネットでいろいろ調べたら、
松屋銀座で永田農法を専門に取り扱う直売店があることを知り、
面接に行った。

そこで野菜を販売する立場になるために、いろいろと栽培については
知ることができた。特に農薬と化学肥料については印象深かった。
こだわりの野菜や果物を買い求めるお客さまのなかには、
無農薬や有機栽培かどうかを気にする方がたくさんいました。

販売員の僕は、いいえ、農薬や化学肥料は使用量を低減していますが使ってます。
と言い続けました。実際に食べてみてください。と試食を出して
食べていただくことも多かったです。トマトでも人参でもとにかく生で
食べてもらうと違いがわかるので、買ってくれる方も多くいました。
常連の方も多くいらっしゃいました。

なので、当時から僕の中で農薬と化学肥料に関しては、非常に身近なトピックでした。
作物の旨さと有機栽培か無農薬かということは、無関係だということも理解しました。
また永田農法に取り組む農家さんは、品種にもこだわりを持っている生産者さんが
多くいました。それで、作物の旨さは適正な施肥(肥料のあげ方)と品種に依るところが
大きいのではないかと考えるようになりました。

これはイコール店頭でのお客さまへの説明の際にお伝えしていたことでもあります。
その品種の特徴と栽培方法についてお伝えしていました。

今僕が特別栽培(一般的な栽培方法の50パーセント以下に化学肥料と
農薬の使用を抑える)に取り組んでいるのも、当時の経験があるからです。
肥料も農薬もなるべくなら使いたくない。だから必要最低限使用しています。
技術が向上することで、より農薬の使用量は減らせるかもしれません。
肥料の方は現状でも有機肥料100パーセントを基本にしています。

こんな感じでこだわりがあるのかないのかわかりませんが、
がんも農場のスタンスをお伝えしました。

今日から田植えの片付け開始。
畔草刈りもぼちぼち始まります。

がん!がん!がん!

2018年5月23日水曜日

田植え機ありがとう。

5月23日(木)
曇り/雨
16.7℃/11.7℃

今日は最後の田植えの日ということで、
意気揚々と早めにスタートしたのですが、、、

田植え機、故障です。

前回の田植えくらいからおかしいなーと思いつつも、
改善したり、おかしくなったりと調整して使ってたら
なんとか正常運転できたのでやり過ごしていました。

そしたら今朝再びおかしい。
今日は時間もあるし徹底的に原因を調べていったら、
なんとなく場所の特定はできた。でも、ここだったら絶対に
すぐには直らない、、、機械屋さんにも現場に
きていただいて見てもらったらやはりそこだと。

仕方ない。今日で最後の田植えだったので動く範囲でやり切ってしまおうと決断。
倍の時間をかけてなんとか全ての田植えが完了しました。
明日、補植をしたら本当の本当に完了です。

機械は壊れるものですが、なってみないと対処方法はわからない。
この最後のタイミングで壊れたのが不幸中の幸いですかね。
ちょうどメンテナンスもお願いしたかったので、田植え機はしばらく
入院してもらいます。今シーズンもありがとう!

がん!がん!がん!

2018年5月21日月曜日

がんも農場的農繁期。

5月21日(月)
晴れ
25.1℃/8℃

4月中旬の種まきから始まった春の作業ですが、
ようやく最後の代かきを昨日終えて、ピークが過ぎ去りました。
あとは、明後日最後の田植えをして、ぼちぼちと片付けをしていきます。
その後は引き続き田んぼの水見、草刈りや田んぼの草取りなどと
続きますが、適宜という感じです。

何をもって農繁期なんだろうと考えます。
がんも農場的には、日々のルーティンよりも優先して農作業を
進めなくてはいけない時が農繁期だと思ってます。

平常時の一番美しい1日はこんな感じです。
朝日が昇る頃に起きて軽くジョギングして、新聞3紙(信毎、日経、農業新聞)に
目を通して、朝ごはん食べて、朝ドラ見て、そして日が暮れるまで仕事。
夜ご飯食べて休憩して、日付が変わる頃まで事務仕事したり調べ物したり自由時間。

この日常が最高なのですが、農繁期の時には起きた瞬間から仕事で、
寝るまで仕事です笑 なんでこうなっちゃうのかと言えば、
それは作業適期があるからです。
この時期に必ず終えたい作業というのがあるからです。
僕らの場合、10月1日(今後検討の余地あり)に新米を
お客さまに出荷スタートしたいので、そこから逆算して
全てのスケジュールが決まっていきます。

そのスケジュールにハマるように、自然と対峙していると、
どうしても人間のほうが無理しないとハマらないんですね。

ただ、毎日目の前の仕事だけをやっていると、仕事が後手後手になっていきます。
少し先のことを考えて、予測して動くことができなくなるからです。
そのために、ジョギングして汗かいたり(無心でいる時間)、新聞(予期しない情報との出会い)を読んだり、夜調べ物をしたりする時間はとても大事な時間です。

がんも農場では一年間で大きく二回農繁期があります。
春先の4月中旬から5月いっぱいまでと、秋の9月中旬から10月いっぱいまで。
それ以外はある程度時間の融通がききます。こうして考えてみると、
お米作りは農繁期と農閑期のバランスがいいなと思ったり。
特に小売りをメインにしているがんも農場にとっては、こうした農閑期に
精一杯、販売のための作戦を練ったり、営業に行ったりすることができるので
とっても好都合。ある意味では農繁期以外の時期のほうがたくさんの人と
出会う時間が多いので、仕事をする上では肝なのかもしれません。

今年はどんな一年にしようか。
新米収穫までの4ヶ月弱を大事に過ごしたいと思います。

がん!がん!がん!

2018年5月20日日曜日

米作りのお手伝い。

5月20日(日)
晴れ
21.4℃/7℃

田植えの終わりが見えて来た。
今日最後の代かきをした。
苗を育てていた田んぼと、あと新たに急遽
お借りすることになった五郎兵衛新田の田んぼ。

この二箇所の田植えをすれば全ての田植えが終わる。

少し早いけど、目処が立ったので
お手伝いに来てくれていた両親が埼玉に帰った。

昨年は1週間で田植えを終えていたが、面積が増えたにも関わらず
今年も1週間でほぼ終わった。
家族みんなの協力あってのことだと思う。感謝。

農業は特別な仕事だと思う。
全くの素人の人でも、体さえ動けば手伝えるタイミングがある。
戦力になる仕事がある。普通、経験のない仕事をいきなり
手伝うと言っても足手まといになるだけだが、農業の場合は違う。
小さい子供や高齢者だったとしても、手伝えることがある。
そこがいいところだと思う。

春から始まった農作業も、計算してみたらのべ30人近くの人が
協力してくれている。友人や知人、家族などなど。

がんも農場は公には”田植え体験”や”稲刈り体験”を開催していませんが、
本気で手伝ってくれる方は少人数ですが募集しております笑
お手伝いに来てくれた方には、こちらも大変助かるので、
できる範囲でのお礼はしております。

お客さんではなく、一緒に米作りをしてくれる方はぜひご連絡を!笑

というわけで、一区切りということで今日は久しぶりにビールをあけました。
あと少し!

がん!がん!がん!

2018年5月18日金曜日

苗間完全撤収!

5月18日(金)
曇り
28.2℃/17.1℃

娘の寝かしつけの日は危険です。
田植えが始まって以来、ほぼ寝かしつけの日は
自分も寝てしまっています、、、
昨日もそんな感じでした。

ところで、昨日は桶川から妻のお姉さん夫婦が佐久に来て
田植えの手伝いに来てくれていました。
二人とも体育会系なので、ここぞとばかりに大変な作業をお願いすることに。

特に苗運び。
いつもなら父と妻でやってくれているのですが、
昨日は総勢大人6名。やっちゃんは保育園でしたので、
何倍もの力でハイスピードで作業が進みます。
おかげで苗間の苗は綺麗さっぱり田んぼに運び終えました。
残るは苗間に植える苗と急遽増えた田んぼの苗のみ。
補植も昨日までの分は全て完了。

ありがたい限りです。
今日から再び両親との田植えに戻りましたが、
順調に作業は進んで、田植えもあとわずかとなりました。

怪我なきように最後まで田植え頑張ります。

最近、がんも農場をお手伝いに来てくれる方も少しずつ
増えて来ておりまして、今後来てくださる方のためにも、
お手伝いの対価として何かしらのお礼を考えなくてはいけないなと
思ったりしております。ポイント制にして、新米とかみりんを
お送りするとか。

がん!がん!がん!

2018年5月17日木曜日

田植え応援隊。

5月16日(水)
晴れ
31.1℃/11.2℃

これだけ暑いと田植え機乗っていてボーッとして来ちゃいますね。
今日も今日とて田植えと代かきの任務を完了。

今日は義姉夫妻が佐久に来てくれた。
明日田植えを手伝ってくれる。

苗運びは重労働。人出が多い方が助かる。
補植も人手があったほうが助かる。
人海戦術で明日は臨みます。

今夜は前夜祭。
いつものジンガラへ。

がん!がん!がん!

2018年5月15日火曜日

眠気との戦い。

5月15日(火)
晴れ
29℃/6.6℃

暑さが全開になって来ました。
今後数日は真夏日になりそう。

田植えも中盤戦。
だいたい半分終わりました。

ここからは難所が続きます。
田植え機がハマってしまわないように注意をしながら植えます。

だめだ、、眠すぎて頭が働かない、、

急遽、新しく田んぼを借りることになり、少し段取りを
変えなくちゃなのですがね。仕方ない。風呂入ってからやるか。

がん!がん!がん!