がんも農場のお店

2017年3月28日火曜日

助産院に初めて行きました。

3月28日(火)

きょうはご縁のあった助産院さんにお伺いして、
家族みんなで料理教室へ。

新しい出会いもたくさんあったり、お米のお話もさせていただき、
とても楽しい時間を過ごせました。




日常のなかで料理をするのは大変だけど、
簡単に手作りできる料理を教えて貰ってとても楽しく
料理を覚えられました。毎日の生活の中では、
簡単にできるって大事ですよね。

抱っこのしかたから、普段使っているグッズに至るまで、
新しい発見があって子育て世代の方との交流はとってもおもしろいです。

ちよいろ助産院
https://www.facebook.com/Chiyoiro%E3%81%A1%E3%82%88%E3%81%84%E3%82%8D%E5%8A%A9%E7%94%A3%E9%99%A2-209036976171252/


昨日までの雪の影響で田んぼはぬかるんでます。
乾きやすい田んぼならと思って、畔塗りを進めています。

やりたいことはたくさんあるのですが、やるべきこともありつつ、
できるだけ効率よく動くことをこころがけつつ。
明日もがんばろー!

がん!がん!がん!

2017年3月27日月曜日

地域の標準的な栽培方法に挑戦。

3月27日(月)


雪が降り、あっという間に田んぼはぐちゃぐちゃ。
田打ちというわけにはいかず、畔塗りもここまでぬかるんでいると
トラクターで入れない、、、

というわけで、早めにまいたほうがいい、土づくりの資材をまきに行ってきました。
この肥料は初めて使用するものですが、実はこの地域では一番といってもいいくらい
ポピュラーな肥料。農協が推奨している慣行栽培用の肥料なんです。
この土づくり資材と、こがねという基肥を合わせて使用します。
今年、初めてこの地域の標準的な慣行栽培に挑戦します。
いままで研修中に教わった特別栽培のみしかやってこなかったのですが、
いろいろと自分で考えて肥料体系を組む上で、標準的な作り方だと
どういう結果になるのかを確かめてみたくなりました。
1反分ちょっとなので、農協出荷向けに栽培するのですが、
生育の経過や食味、収量などどうなるか楽しみです。

がん!がん!がん!

2017年3月26日日曜日

雪の日に考える。

3月26日(日)

朝起きたら、、、


きょうは用水普請。
雪のなかですが出動。
春の田んぼに向けて、田んぼに水を引くための用水をきれいにする作業です。
水源から自分たちの田んぼまでの用水路は、共有して使用する耕作者みんなで
きれいにします。こういった作業を普請と呼びます。普請は年2-3回あって、
春の作業は用水路に溜まった泥などをさらう作業。夏は用水路周辺の草刈など、
時期や場所によって作業は様々です。がんも農場も4町歩近い田を耕作していますので、
4か所くらい各場所の用水普請に参加します。ときに、スケジュールが重なってしまうことも
あり、そういった場合は事前に作業をしたり、出不足金といって罰金を支払ったりします。
田んぼを耕作する上では大事な作業です。

きょうは雪ということもあり、用水普請のあとはお米の配達に行ってあとは
アイデアを練る時間。4時間くらい時間をいただきました。
おかげでアタマが整理されました。がんも農場として、なにをすべきで、
なにをすべきでないのか。そんなことを考えました。

少し発送が遅れておりますが、がんも農場として今年計画していること、
考えていることを新聞にして、お客さまに発送予定です。
これからも、お客さまを大切に家族協力してお米作りをしていきたいと思います。

がん!がん!がん!

2017年3月25日土曜日

桶川弾丸ツアー。

3月25日(土)
 
地元埼玉の神輿保存会の先輩が、家を整理するとのことで、
不用品で使えそうなものを回収しに弾丸ツアー。
久々に会えた保存会のメンバー。何人も応援で来てくれたので、
あっという間に作業は完了!
 



無事明るいうちに佐久に着いて荷卸し完了。

目玉は大きな物置と食器棚でしょうか。
ヨドコウ物置、堅牢で重宝しそうですが、構造がちょっと僕には難しすぎて、
もう一回組み立てられるかが目下の不安材料。
なんせプラモをきちんと組み立てられたためしがない。
BB戦士とミニ四駆くらいならできるんですけどね笑

本当は明日組立予定でしたが、気長にやるとします。
ありがとうございました!

がん!がん!がん!

田打ちも開始。

3月24日(金)

きょうは妻のさきちゃんが初めての人間ドックということで、半日子守り。

自営業なので、健康診断などの検診は自分のタイミングで
やっておかないと、気づかないうちに年を重ねていってしまいます。
なるべく健康を維持して、元気に仕事に精を出さなくてはいけないので、
定期的に人間ドックに行くようにしています。僕は半月前くらいに
受診済なので、今回はさきちゃん。娘の子守りも少しは慣れてきたので、
このタイミングとなりました。

半日の間、いつもにも増して静かなやっちゃん。
何かを察してくれているのだろうか。
おかげで発送作業や新聞の熟読をすることができました。

午後は畦塗りの続きを少しして、田打ちに入りました。
田も乾いているので作業はとてもスムーズです。



がん!がん!がん!

2017年3月23日木曜日

畔塗り二日目は7割くらいの成功。

3月23日(木)

畔塗り二日目。
昨日より少しコツがつかめた。
でも、粘土質の土だと水の湿り具合で畔塗がまったくうまくいかない。
粘り気がありすぎて、円盤に土がくっついて、塗る予定の土も
ひっぱっていってしまう。散水装置があればたぶんうまく塗れるのではないかな。

ここは比較的うまくいった田んぼ。


うまくいかなかったとこは恥ずかしいので割愛します。笑
しょうがないのでトラクタで踏み固めておきました。
一番うまく塗れたのは、さらさらの砂地のところ。


最近、相撲を見ながらなにかをわめきだすやっちゃん。
早くなにか応答するようになるといいな。

がん!がん!がん!

2017年3月22日水曜日

畔塗り。成功率は五分五分。

3月22日(水)

昨日の雨。
一日中降り続き、田んぼもかなり湿った様子。

これは畔塗り日和では!?と思い、早速出動。



いやー、難しいです。
畔塗り・・・うまくいったとこもあればいかなかったとこもあり。

やっぱり散水装置が必要なのか。。。
人によっては散水装置なしでもうまくいくという人もいるし。
もう少し水分あったほうがうまくいくのかな。
なんせ初めての機材なので、今年はいろいろ試してみます。
実践実践。

がん!がん!がん!